プエラリア・ミリフィカについて解説

9 12月, 2013 (00:00)

プエラリア・ミリフィカを英語で表記すると次のようになります。“Pueraria mirifica”プエラリア・ミリフィカはマメ科の植物でして、ミャンマーやタイの北部など山岳地帯によく自生しますが、現地には似たようなマメ科の植物が多いので、見分けるのが非常に困難であり、採取するのが非常に困難であると言われています。

このプエラリア・ミリフィカにも種類があり、赤色や黒色や白色のモノがあるのですが、その中でも一番有名なのは白のガウクルアと呼ばれるものでして、一般名を英語で表記しますと、“White kwao keur”ホワイトガウクルアとなります。

特にこの植物は、根っこの部分に美肌効果や美容効果を齎す成分が豊富に含まれており、タイやミャンマーなどの現地でも、古くから若返りの薬として愛用されてきたものでして、食用としても知られています。

古くは白のガウクルアと赤ガウクルア(Butea superba)が混同されてしまっていたようなのですが、今では全く違う植物として、きちんと区別がされているようです。